Thailand's leading publisher of caliber trade publications

Can Coal be Clean?

Can Coal be Clean?
1

    クエネルギー展望 | EnErgy OutlOOk   
Can Coal be Clean?
Asia Pacific Plant Management Magazine febraury-march 2016

 

Coal, as everyone knows, is one of the dirtiest sources of energy. Coal provides 40% of the world’s electricity and produces 39% of global CO2 emissions. Unlike countries in Europe where energy comes from alternative sources such as wind power, solar energy and hydro power, countries in the Asean region rely on coal to produce more than 50% of the energy used in their countries.

Global Coal Consumption

According to the Asean Centre of Energy (ACE), coal use worldwide is projected to increase significantly and is expected to be the fastest growing primary energy source from 2005 to 2030. The demand for coal will also rise by 38% between 2005 and 2015 and will be 73% by 2030. Due to the increasing demand for fuel used in electricity generation and the industrial sector, coal is now the fastest growing energy source from 2005 to 2030.

Energy related CO2 emissions from the region which includes Malaysia, Thailand, Cambodia, Myanmar, the Philippines and Indonesia could double hitting 2.3 giga tons by 2035.

 

Energy Outlook 1What is Clean Coal Technology?

According to the National Mining Association of the US, clean coal technologies are several generations of technological advances that have led to more efficient combustion of coal with reduced emissions of sulfur dioxide and nitrogen oxide. The clean coal technology program has resulted in more than 20 new, lower cost, more efficient and environmentally compatible technologies for electric utilities, steel mills, cement plants and other industries. The rest of the world are also taking to the idea and are trying to incorporate these new technologies to their energy producing systems.

 

Case Study in China

China is the clearest example of a country which relies on coal as main source of fuel. Polluted water, thick toxic fog and health problems are what China has faced for many years. According to a recent study by the China Coal Cap Research Team, coal alone contributes to at least 60% of airborne pollutant emissions. Energy efficiency should be China’s answer to both its energy supply and environmental problems. China is now considering renewable and clean energy sources, upgrades to its coal power production, and encouraging a low carbon power system by creating an energy mix.

Clean and renewable energy could experience fantastic growth in China, supplying up to 48% of electricity demand by 2050.

Energ Outlook 4 (98)

 

 

石炭のクリーン利用は
実現するでしょうか?

石炭は、地球環境に最も悪い影響を及ぼすエネルギー源の一つです。石炭火力発電は、世界における総発電量の40パーセントを賄っている一方、世界における二酸化炭素の総排出量の39パーセントを占めています。ヨーロッパ諸国は、風力、太陽光や水力発電などの代替エネルギーによりエネルギー需要を賄っていますが、ASEAN諸国では、総エネルギー需要の50パーセント超が、石炭エネルギーにより賄われています。

Energy Outlook 2

ヨ世界における石炭消費量

ASEANエネルギーセンター(AEC)によると、世界における石炭消費量は今後大きく増加し、2005年から2030年にかけて最も急速に増加する一次エネルギー源となると見られています。世界における石炭需要は、2005年から2015年にかけて38パーセント、そして2030年までに73パーセント増加すると見られています。発電産業や工業部門における燃料需要の増加にともない、石炭は、2005年から2030年にかけて最も急速に成長しているエネルギー源です。

ASEANでは、マレーシア、タイ、カンボジア、ミャンマー、フィリピン、及びインドネシアの6ヶ国におけるエネルギー関連の二酸化炭素の排出量が、2035年までに2倍となる2.3ギガトンに到達すると見られています。

 

クリーン石炭技術

アメリカ鉱業協会によると、クリーン石炭技術は、数世代にわたる技術的進歩で、二酸化硫黄や酸化窒素の排出を削減したより効率的な石炭燃焼技術です。クリーン石炭技術の開発事業を通し、現在までに電力、製鋼、セメント工場や他の業界を対象とした20以上の新しい低コスト、より効率的で地球環境に適合した石炭技術が開発されています。世界の他の国々もまた、これらの新しい石炭技術をエネルギー生産システムに導入しています。

 

中国における事例研究

中国は、石炭を主要な燃料源として利用する国の一つです。中国は、何年にもわたり、汚染水、深刻な毒霧や健康問題に直面しています。中国の石炭能力研究チームが実施した最近の調査によると、中国では、石炭単独で、大気中における汚染物質排出量の60パーセント超を占めています。中国は、エネルギー供給や環境問題に対応する為、エネルギー効率の向上を図るべきです。中国は現在、再生可能エネルギー及びクリーンエネルギーの導入や、石炭火力発電のアップグレードを検討する一方、エネルギーミックスによる低炭素発電システムを促進しています。

中国では、クリーンエネルギーや再生可能エネルギー産業が大きく成長する可能性を秘めており、2050年までに、最大で同国における電力需要の48パーセントを賄うと見られています。

Energ Outlook 4 (98)

ASEANのエネルギーミックスにおけるクリーン石炭燃料

ASEAN諸国も現在、石炭エネルギーの代替となるエネルギー源を模索しています。ASEANでは、加盟国が継続して発展する中、より大型の燃料源が必要とされています。

エネルギーミックスとは、電力源として2種類以上のエネルギー源を組み合わせる事です。ASEANでは、太陽エネルギーの重要性がより高まると見られており、導入はより安価になっていますが、未だ信頼性が高くありません。それゆえ、太陽エネルギーは、他のエネルギー源とあわせて展開されるべきです。ASEANでは、化石燃料と増加する再生可能エネルギー源の組み合わせがベストとなるでしょう。これにより、各エネルギー源の変動コストを抑え、原子力エネルギーなどにより公害を減らす事が出来ます。

1

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *