Thailand's leading publisher of caliber trade publications

Education is Foundation for Lead Position

Education is Foundation for Lead Position
1

    特別インタビュー | SPECIAL INTERVIEW   
Education is Foundation for Lead Position
Asia Pacific Plant Management Magazine jUNE-JULY 2016

 

Dr. Paul James Robere, president of Robere & Associates (Thailand), has been based in Thailand since 1988 when he came to set up a manufacturing facility. Working in manufacturing, productivity improvement and helping companies to save money, he also works with the American Chamber of Commerce and belongs to a committee that educates people who want to do business in Thailand. With his interesting background, Asia Pacific Plant Management met with Dr. Robere who shared a fact that surprised us and even himself that Thailand has been really behind in relation to the AEC. However, he still believes that Thailand can be center of ASEAN with its wonderful talented workforce.

Education is Foundation for Lead PositionThailand has a long way to go to start positioning itself as a leader in the AEC. What we have to do is to maximize our existing resources, especially our workforce. From his experience, he found that most factories identify their staff by a number which reduce the value of each individual. They consistently think of workers as a tool. The reality is staff are not just numbers and have good ideas to help businesses progress. Thailand’s industry must change the way they manage their staff by getting people involved in the development process of companies.

 

The greatest strength of Thailand is people and it has been the reason why Dr. Robere has lived in Thailand since 1988. There is an abundance of personnel with skills. The development of people as a resource gets back to education, training and involvement. Companies usually put training and education at the bottom of the list while these can promote professional growth. “I think one thing that really keeps Thailand developed is investment in education and training. If you provide people the tools and the freedom, you can do what you want to do. The challenge is to create ‘thinking outside the proverbial box’. In my view, you can buy tool, equipment or factory but you cannot do anything when you truly do not have staff to do that,” said Dr. Robere.

 

Thai StudentWhen asked what quality management is, he said there are four parts; quality planning, quality control, quality assurance and quality improvement. Without quality management, people will produce the same products or provide the same services without progression or improvement so implementation of quality management is necessary for companies. Quality improvement is the most important thing for continuous improvement in an organization. Collecting data, analyzing and making decisions will make a consistent improvement.

 

Quality management must begin at the top level of the country which will improve Thailand’s position in the world. Thailand can be the leader of AEC because we have leadership, skills and everything necessary here. “I will donate the rest of my life to make it happen. If you give people their opportunity, challenge and recognition to do great things, you can raise Thailand up to be the leader of AEC,” Dr. Robere still believes in the potential of Thailand.

 

教育は、将来仕事の基盤である

ポール博士ジェームズ・ロバート、ロバート&アソシエイツの社長(タイ)は、製造施設を立ち上げるするため、1988年からタイに住むことになった。製造業というのは、作業、生産性の向上することで、企業の節約を手伝い、米国商工会議所とも連携し、タイでのビジネス参入したい人々の教育委員会としても所属していた。彼が興味深い内容には、アジア太平洋地域の事業所の管理員が博士Robereと会談し、事実を共有することで、彼自身をもちろん、私たちも大変驚かせた。その事実は、実際にタイとAECとの関係が裏側にあることが分かった。しかし、タイは素晴らしい才能の労働力を持つことで、アジアン中心として十分に活躍できると彼が考えている。

 

Education is Foundation for Lead Positionタイは、AECのリーダーとして自分自身の位置を付け、長い道に成長してきました。私たちがしなければならないことは、既存の資源を私たちの労働力で最大限に活用することだ。彼の経験によると、ほとんどの工場は、彼らのスタッフの個々才能より、小さく認識していることが分かった。彼らは常に労働者が単なるツールとして使うと考えている。しかし、事実は、スタッフが単なる数だけではなく、事業の進捗状況を助けるために良いアイデアを提供する役割でもある。タイの産業は、企業の開発プロセスにより多くの人々が関わるよう、そのスタッフの管理方法を変更する必要がある。

 

なぜ、博士ロバートが1988年以来にタイに住んでいた最大のた理由は、タイの人々の強みだ。スキルを持つ人材の豊富さもある。資源として人々のスキルアップするには、教育、訓練及び関与を教育・取得する体制がある。企業は、通常に一番下のレベルから訓練や教育を与えることで、プロの成長を促進することができる。「私は、実際にタイの成長を保つには、教育と訓練への投資が欠かせないと考えた。人々にツールと自由を与えれば、彼ら自身の考えで行動できる。このチャレンジは、「既存に決まること以上、ボックスの外側まで考える」を自ら考えることだ。私の意見では、ツール、機器や工場などを購入することができるが、やってくれるスタッフさえいなければ、あなたが本当に何もできないでしょう、と博士ロバートが述べた。品質管理を尋ねるの際、次の4つの部分が分け、品質計画、品質管理、品質保証、品質改善。と述べた。品質管理がなければ、人々は同じ製品を生産するどころか、進行・改善することなく、同じサービスを提供して続られるか。そのように品質管理は、企業の存在にも左右させ、不可欠である。品質向上は、組織の継続的改善のための最も重要なものである。データ収集、分析、意思決定を行うことで、一貫性の改善にも繋がる。

 

品質管理は、世界でタイ地位を向上させる為、国のトップマネージメントからけん引する必要がある。私たちはリーダーシップ、スキル、必要なものを全て持っているので、タイはAECのリーダーになるに違いないだろう。"私の残り人生をかけ、それらのことを実現させたいと考えている。あなたは、彼らに機会・課題・認識を与えれば、彼らが偉大な可能性を実現でき、AECのリーダーとしてタイの成長を支え・持ち上げたい、と博士ロバートはタイのポテンシャルを信じている。

 

1

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *