Thailand's leading publisher of caliber trade publications

Indonesia Looks for Foreign Investors

    LOGISTICS FOCUS    
Indonesia Looks for Foreign Investors
Asia Pacific Plant Management Magazine june – july 2015 Issue

Indonesia, the largest economy and the most populous country in Southeast Asia, needs to improve themselves in order to gain more share in the Southeast Asia market. Aiming to increase the country’s competitiveness, better logistic system is going to support Indonesia toward the goal.This article looks at overview of logistics industry in Indonesia as well as its recent development.

train

 

Overview of Indonesia’s Logistics Industry

The creation of the Asean Economic Community (AEC) is likely to promote more cross-border transactions and investment among Southeast Asian countries. Under the new leadership of President Joko Widodo, Indonesia is determined to tackle its many logistics problems and boost investment and economic growth. Gopal R, global vice president of transportation & logistics practice at Frost & Sullivan, said the transportation and logistics markets in Indonesia are expected to grow with a compound annual growth rate (CAGR) of 15.2% in 2015.

Gopal said the industry is set to record strong double digits growth after 2015 due to the continuous growth of the Indonesian economy driven by resilient domestic demand. Strong private consumption, higher trade growth, lower external financing costs and oil prices, as well as infrastructure development are the keys to driving Indonesia’s logistic industry forward this year.

Freight Cost in Indonesia

In the past, incomplete logistical infrastructure, such as ports, airports and roads, hampered freight movement. Therefore, Indonesia‘s weak infrastructure resulted in high logistics costs and made businesses in Indonesia less competitive. Improving Indonesia’s competitiveness and infrastructure should be expected to reduce the costs of logistics, which are still higher than those of other Southeast Asian countries.

Gopal said that over 1.1 billion tons of total freight is expected by 2015, with a CAGR of 5.4% from 2010 to 2015.Road transport is the predominant domestic mode, accounting for about 69.7% of freight ton-km, while sea freight continued to dominate with 97.1% of total freight in 2014 and expected growth of 5.1% by the end 2015. He also noted that railway freight, particularly in Java, has expanded rapidly due to a double track project. The key contributors of railway freight are South Sumatra (65%), mainly for coal, and Java (23.2%).

Foreign Investments Welcome

In the past,the long and complicated process of obtaining a business license slowed many foreign investments. However, to attract further foreign investment, Indonesia has been preparing for a busy year of investor-friendly reforms. It is set to introduce a one-stop service for providing ministry licenses, speed up the completion of government tenders by March each year,establish a land bank to fast track infrastructure projects, and release a five-year $450 billion infrastructure investment plan. According to the Asian Development Bank (ADB), Indonesia will require $500 billion in the next five years to develop its infrastructure.

President Widodo also emphasizes Indonesia’s need for foreign investment. “Our national budget is very limited, so we need investment, we need investors, to boost our economic growth, to build our deep seaports, to build our airports”, Widodo said in a speech given to the Wall Street Journal in December 2014.

As the largest country in Southeast Asia, Indonesia needs to improve its logistic and infrastructure system in order to take advantage of opportunities in the future.

インドネシア、外国企業による投資を模索

インドネシアは、東南アジア最大の経済国で、地域最大の人口を抱えています。同国が東南アジアのビジネス市場においてより多くのシェアを獲得する為には、多くの分野におけるさならる進歩・改善が求められています。中でも、より優れたロジスティクスシステムの構築は、インドネシアの競争力向上に貢献するでしょう。本記事では、インドネシアのロジスティクス産業の概要、及び同産業における最近の動向について考察します。

traffic2

インドネシアのロジスティクス産業の概要

今年末のASEAN経済共同体(AEC)の創設は、東南アジア諸国間におけ
る越境貿易や投資をより促進すると見られています。インドネシアは、新た
に大統領に就任したジョコ・ウイドド大統領のリーダーシップのもと、ロジ
スティクスに関連した多くの課題へ対応する事で、投資や経済成長の促進
を目指しています。フロスト&サリバンの輸送&ロジスティクスプラクティ
ス部門でバイスプレジデントを務めるGopal R氏によると、インドネシア
の輸送、及びロジスティクス市場は、今年は15.2パーセントの年平均成
長率(CAGR)を達成すると見ています。Gopal氏は、力強い国内需要を通
したインドネシア経済の継続成長により、同産業は、今年は2桁成長を達
成すると見ています。特に、力強い民間消費、より高い貿易成長、より低い
外的融資コストや原油価格、そしてインフラ開発などが、インドネシアのロ
ジスティクス産業のさらなる発展を後押しするでしょう。

インドネシアにおける輸送コスト

インドネシアではこれまで、港湾、空港や道路などの脆弱なインフラが、同
国における効率的な貨物輸送を妨げてきました。脆弱なインフラは、ロジ
スティクスコストの高騰を引き起こしており、インドネシアで事業を行う企
業の競争力低下を招いています。競争力向上、及びさらなるインフラ整備
は、他の東南アジア諸国と比較し依然より高いインドネシアにおけるロジ
スティクスコストの削減に貢献すると見られています。

Gopal氏によると、インドネシアでは、2010年から2015年にかけて、年平
均成長率5.4パーセントとなる11億トン超の貨物輸送が見込まれていま
す。中でも、国内輸送においては道路輸送が主要な輸送手段となっており、
総貨物輸送トンキロの69.7パーセントを占めています。一方で、輸出入に
おいては、海上輸送が引き続き大きな割合を占めており、2014年には、総
貨物輸送トンキロの97.1パーセントを占め、今年は5.1パーセントの成長
を見込んでいます。Gopal氏はまた、インドネシアでは、複線鉄道事業によ

 

り、鉄道貨物輸送、中でもジャワ島における鉄道貨物輸送が急速に拡大し
ていると述べています。具体的には、南スマトラ州がインドネシアにおける
総鉄道貨物輸送の65パーセント(主に石炭輸送)を占めており、ジャワ島
(23.2パーセント)と続いています。

外国企業による投資

インドネシアではこれまで、事業許可の取得における複雑で長いプロセ
スが、外国企業による投資を遅らせていました。しかし、インドネシアは現
在、より多くの外国企業を誘致する為、投資環境の整備へ向けた準備を行
っています。まず、政府による事業許可の取得におけるワンストップサービ
スの導入を目指すと同時に、毎年3月までに公共事業への入札完了を目指
しています。また、不動産銀行を設立する事でインフラ事業の加速の目指
すと同時に、4,500億ドル規模の5ヵ年インフラ投資計画を発表する予定
です。アジア開発銀行(ADB)によると、インドネシアにおけるさらなるイン
フラ整備においては、今後5年間で5,000億ドルが必要とされています。

ウィドド大統領はまた、外国企業によるインドネシアへの投資の必要性
を強調しています。同大統領は、昨年12月のウォール・ストリート・ジャー
ナルによる取材において、「インドネシアの国家予算は限られており、イン
ドネシア経済のさらなる発展を促し、より優れた港湾や空港を建設する
為には、外国企業による投資が必要です」と述べています。

東南アジア最大の国家であるインドネシアが、将来的に訪れるチャンスよ
り利益を享受する為には、同国はロジスティクス、及びインフラシステムの
さらなる整備を必要としています。


Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *