Thailand's leading publisher of caliber trade publications

Investment Trends in Green Manufacturing

    環境に配慮したものづくり | Green ManufacturinG    
Investment Trends in
Green Manufacturing

ASIA PACIFIC PLANT MANAGEMENT MAGAZINE December 2015 – january 2016

0001

 

The recent Green Economy Report by United Nations Environment Program (UNEP) indicates that the greening of economies is not a drag on growth but rather a new engine of growth and sustainability. This initiative also applies to manufacturing where the greening approach has been generally embraced, though smaller-scale businesses still need resources and supports.

Green Technologies

“Green technology” refers to the development of processes, practices and application that improve existing technologies or techniques by allowing us to meet our needs while eliminating or reducing the impact on the environment. Green technologies in manufacturing reflect not only the performance it delivers, but the energy, design, sustainability and viability of the technology itself as well. For example, with respect to energy, perhaps the most urgent issue for green technology, green technology includes the development of alternative fuels and making sure energy conservation and efficiency are a priority.

One key factor to go green is replacing or upgrading old machines with high precision machines. New machine tools normally come with higher precision and resolution features and more compact design. Higher precision and resolution means less errors and wastes in the process, which further means to less production time, materials and resources. Compact design means less energy consumption and floor space required, thus further reducing lights and maintenance as well.

Green Investment in
Different Sectors

0003Power generation, transportation and steel manufacturing are the three largest sources of CO2 emissions, and power generation is the highest emitter. Three–quarters of current electricity generation are based on fossil sources such as coal, oil and gas. Many green energy technologies are now available to businesses. Some of them are becoming competitive with fossil fuels while others are still expensive. However, as the economies of scale take effect in the future, the cost of these technologies is expected to fall and the share of alternative power generation is expected to increase rapidly.

Though the automotive industry has been recognized as a leader in green investment, its products are cited as the biggest culprit in global warming. Driven by increasingly stringent government regulations and concerns of energy security, virtually all leading automakers are exploring ways to reduce the CO2 emissions of their vehicles while increasing fuel efficiency. The automotive industry is investing heavily in the development of new clean propulsion technologies. These include hybrid vehicles and power trains, fuel cells, and electric cars.

Steel is also an energy–and–emissions–intensive industry. Energy accounts for a large share of the total cost of production of steel. According to the International Energy Agency (IEA), the iron and steel industries account for close to 20% of all energy consumed by industries worldwide and about 30% of the world’s direct industrial CO2 emissions. At the moment, steel is produced primarily by heating up iron oxide with carbon. As a result, carbon dioxide is also produced as a byproduct. Currently, more alternatives are in research and development, including a new approach using a process known as “molten oxide electrolysis” developed by researchers from Massachusetts Institute of Technology (MIT).

Green Challenges for SMEs

A growing number of manufacturing businesses are finding that green investments are the way to sustainable growth.  However, when we look into manufacturing more closely, they are not yet satisfactory. The automotive industry is doing quite well in term of innovation to "green" their process and products, however, OEMs and suppliers are just beginning to realize that being environmentally conscious also means being financially savvy. The small and medium-sized enterprises (SMEs) especially still encounter many challenges, including limited access to information, knowledge and technology, lack of skills and qualified personnel, and most importantly, limited access to financial support.

環境に配慮した
ものづくりへの投資動向

0002

国際連合環境計画(UNEP)が最近発表したグリーン経済報告書によると、経済のグリーン化は、経済成長を妨げると言うよりは、むしろ経済成長や持続可能性の実現をリードする新たな要因となる事が示されています。これは、工業部門においても同じで、製造現場では環境配慮が浸透しています。ただ、より小規模な企業は、環境に配慮した事業の実践において、依然リソースや支援を必要としています。

グリーン技術

「グリーン技術」とは、既存の技術を向上するプロセス、プラクティスやアプリケーションの開発、または、人々がニーズを満たす事が出来る一方、環境負荷を排除あるいは低減する技術を意味します。工業部門におけるグリーン技術とは、その技術を採用した製品が有する性能のみならず、これらの製品のエネルギー、設計や持続可能性などの側面も含みます。例えば、最も重要なグリーン技術かもしれないエネルギー技術については、代替燃料や、省エネやエネルギー効率を第一に考えた技術の開発などです。

工業部門においてより優れた環境配慮を実現する為の主な方法の一つは、旧式の機械を高精度な機械にアップグレードするか置き換える事です。新型の機械は通常、より高精度、高分解能で小型となっています。より高精度で高分解能な機械の採用により、製造工程におけるエラーやムダが削減され、製造時間の短縮や材料・資源の節約につながります。また、機械の小型化により、エネルギー消費やフロアスペースをより節約する事が出来、結果として照明やメインテナンスの必要性もさらに減ります。

各業界における環境配慮への投資

0004発電産業、輸送産業、及び製鋼業は、二酸化炭素の排出における3大産業で、中でも発電産業が最も多くの二酸化炭素を排出しています。現在、世界における発電の75パーセントは、石炭、石油やガスなどの化石燃料を使用した発電です。今日、多くの環境に配慮した発電技術が開発されています。その一部は、化石燃料を使用した発電と同等の競争力を有する一方、他の技術は、導入が未だ高額となっています。しかし、将来的には、規模の経済が実現し、これらの技術の導入に係るコストが下がると見られており、代替エネルギーが発電に占めるシェアは、今後急速に拡大すると見られています。

自動車産業は、環境配慮への投資におけるリーダーとして認識されていますが、自動車は、地球温暖化を引き起こしている最大の要因だと言われています。世界の自動車産業をリードするほぼ全ての自動車メーカーは、政府による規制強化やエネルギー安全保障への懸念により、自動車の二酸化炭素排出を削減する一方、燃費を改善する手段を模索しています。それゆえ、世界の自動車産業は、ハイブリッドカーやパワー・トレイン、燃料電池自動車や電気自動車など、環境配慮を推進する新しい技術の開発へ大きな投資を行っています。

鉄鋼業もまたエネルギー集約型産業で、多くの二酸化炭素を排出しています。鉄鋼生産に係るトータルコストにおいては、エネルギーコストが大きなシェアを占めています。国際エネルギー機関(IEA)によると、鉄鋼業は、世界の工業部門全体における全エネルギー消費量のほぼ20パーセントを占める一方、同部門が直接排出する二酸化炭素排出量の約30パーセントを占めています。鋼鉄は現在、主に炭素により酸化鉄を還元する事で製造され、副産物として二酸化炭素も発生します。それゆえ、今日、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者により開発された「溶融酸化物電気分解」として知られるプロセスを使用した新たなアプローチなど、鉄鋼の新たな製造方法が研究・開発されています。

中小企業が抱える課題

今日、より多くのメーカーが、環境配慮への投資が事業の持続可能な成長を実現する為の手段である事に気付いています。しかし、より詳しく調べてみると、工業部門における環境配慮への投資はまだ十分では無い事が分かります。例えば、自動車産業では、環境に配慮した製造工程や製品を実現する為の技術革新がなされていますが、自動車メーカーやサプライヤーは、事業における環境配慮の実践においては、経済・金融的な知識も必要である事に気付き始めています。特に、中小企業は、情報、知識、技術、スキル、有資格者、そして最も重要な事には金融支援の不足など、未だ多くの課題に直面しています。


Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *