Thailand's leading publisher of caliber trade publications

Long-Lasting Global Economic Recession a Major Concern for Manufacturers in Thailand

    THAI INDUSTRIES SENTIMENT INDEX    
Long-Lasting Global Economic Recession a Major Concern for Manufacturers in Thailand
Asia Pacific Plant Management Magazine December 2015 – January 2016 Issue

The Thai economy is under pressure from the impacts of chronic global recession, low levels of agricultural product prices due to drought, and terrorist incidents in Bangkok. These factors pulled all Thai Industries Sentiment Index (TISI) down during the 3rd quarter; however, in September manufacturers’ sentiments were looking up for the first time since January of this year.

fig1

According to Figure 1, the whole picture of TISI has improved. This is due to manufacturers expecting more orders and market activity late in the year. Manufacturers from all business sizes show increasing sentiment for the next three months, from 102.0 in August to 102.6 in September. Sentiment for orders and sales are increased, especially for foreign sector, due to increasing income from the order from foreign traders. However, the sentiment for domestic orders and sales in Thailand improved just a little, indicating that manufacturers in Thailand still do not have much confidence for domestic business growth in the long-term, preferring to focus on the export sector.

fig2

According to Figure 2, the sentiment for most industrial sectors improved, especially in the agricultural machinery sector, where the sentiment jumped from around 67 in the second quarter to 82.7 in September.The end of the drought brought this movement in the agriculture sector. The sentiment for electronics and electricity sectors also improved 1.6 points in September from August figure. However, these sectors have shown declining tendencies since May this year.

fig3

According to Figure 3, global economic recession is the most concerning factor for manufacturers in Thailand in the 3rd quarter. In September, 62.5% of manufacturers in Thailand who answered the survey saw no sign of recovery in the global economy, and they need help from the government. On the other hand, the impact of oil price is another factor which manufacturers pay attention to. A drop in oil price will affect commodity products’ price, exchange traded funds and cause other trading and investment activities. There are many things for manufacturers to do to withstand these problems. Finally, Asean Economic Community (AEC) begins at the end of this year, and long-term development plans are necessary for this challenging time.

世界的な景気後退の長期化は、タイで事業を展開する
メーカーにとって最大の懸念事項となっています

タイ経済は、慢性的な世界経済の低迷、干ばつによる農産物価格の低下やバンコクで発生したテロ事件の影響を受けています。今年7-9月期のタイ工業信頼感指数(TISI)は、これらの要因により低下しています。しかし、9月に限って言えば、今年1月以降で初めて上昇しています。

fig1

Figure 1によると、9月は、TISI全体としては上昇しました。これは、タイで事業を展開するメーカーが、年末にかけてより多くの受注や市場活動を見込んでいるからです。また、タイで事業を展開するあらゆる規模のメーカーによる今後3ヶ月の見通しは、8月の102ポイントから、9月は102.6ポイントへと上昇しています。さらに、9月は、海外からの受注増により、受注や販売全体、中でも海外からの受注や販売に関する指数が上昇しています。一方、タイ国内における受注や販売に関する指数はわずかしか上昇しておらず、タイで事業を展開するメーカーが、国内事業の長期的な成長へ依然として高い自信を有しておらず、輸出部門の重視を望んでいる事が示されています。

fig2

Figure 2によると、9月は、ほぼ全ての業界における指数が上昇しました。特に、農業機械産業における指数は、干ばつが終わった事もあり、4-6月期の約67ポイントから、9月は82.7ポイントまで上昇しています。また、電子・電機産業における指数も、8月から1.6ポイント上昇しました。しかし、同産業における指数は、今年5月以降大幅に低下しています。

fig3

Figure 3によると、今年7-9月期は、世界経済の低迷が、タイで事業を展開するメーカーにとっての最大の懸念事項となっています。9月は、調査に回答したメーカーの62.5パーセントが、世界経済の回復の兆しはないと見ており、タイ政府による支援を必要としています。タイで事業を展開するメーカーはまた、石油価格の変動による影響も重視しています。石油価格の低下は、商品生産物の価格、上場投資信託や他の貿易・投資活動に影響を及ぼします。タイで事業を展開するメーカーは、様々な手段を講じこれらの問題に対応しなければなりません。また、今年末にASEAN経済共同体(AEC)が創設される事もあり、長期的な事業の成長戦略の策定も必要です。


Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *