Thailand's leading publisher of caliber trade publications

Myanmar: Asia’s Last Frontier for Automakers

Myanmar: Asia’s Last Frontier for Automakers

    自動車 | AUTOMOTIVE    
Myanmar: Asia’s Last Frontier for Automakers
Asia Pacific Plant Management Magazine JUNE-JULY 2014 Issue

Myanmar is said to be the last frontier in Asia and to have the potential for significant economic development; the automotive market is no exception. Since Myanmar opened itself up to the outside world in 2011, the country seems to be the newest market for automakers. Even though used vehicles constitute 99% of domestic car sales in Myanmar, global automotive giants are present or planning to have a presence in the country with an eye to gain future market share.

The Automotive Market in Myanmar

According to the Road Transportation Administration Department (RTAD), there are 3.8 million registered vehicles in Myanmar as of July last year. Motorbikes account for around 85%, which are mainly Japanese and Chinese brands, while most cars are second hand, mainly brought in from Japan. However, experts believe that the market holds a high potential for further growth in the long term.

 

In September 2013, Frost & Sullivan released a report titled “CEO 360 Degree Perspective of the Automotive Market in Myanmar.” The report estimates the automotive market in Myanmar will witness a compound annual growth rate (CAGR) of 7.8% from 2012 to 2019, led by infrastructure development, a developing economy and rising income due to greater integration with the rest of the Asean nations, with actual growth expected to commence after 2014. Especially, Dushyant Sinha, associate director, Automotive Practice, Asia Pacific at Frost & Sullivan, said that a promising potential car buyer group in the long term originates from the young workforce with a significant two-wheeler ownership. However, Dushyant also notes that factors such as inappropriate road infrastructure, an underdeveloped automotive service market, high car prices, and unpredictable changes in regulations may hinder the potential development of the market.

 

Dushyant sees Japanese automakers dominating the passenger vehicle market even in 2019. According to him, Honda, Suzuki and Nissan will be particularly popularbrands due to them offering compact cars that are attractive to people in Myanmar. He also sees South Korean and Chinese automakers increasing their presence due to offerings of more affordable cars and compact engines cars than their Japanese counterparts. Nevertheless, Dushyant sees that the presence of European and the US automakers will be limited due to the limited availability of sales & service support, especially spare parts.

 

Automakers Eye Automotive Market in Myanmar

Untitled-2Against this backdrop, foreign automakers are aiming to increase their presence in Myanmar to make the most of the opportunities available in the country. For example, Nissan Motor, in partnership with Tan Chong Motors (Myanmar), aims to be the first global automotive manufacturer in Myanmar following the market opening in 2011. Tan Chong Motors (Myanmar) aims to set up their first assembly plant in the Bago region in 2015, which will manufacture the Nissan Sunny with a production capacity of over 10,000 vehicles per year.

 

Chery, a Chinese automaker, started the assembly of its first vehicles in Myanmar in June 2013, with an estimated annual production capacity of 3,000 to 5,000 units. Furthermore, in May last year Mitsubishi Motors set up its first showroom with a consortium of four companies. The company also plans to open service centers in Nay Pyi Taw and Mandalay in the near future. Finally, last October Volkswagen opened its first service center in Yangon through a partnership with Yoma Strategic Holdings. Other foreign automakers, especially those of Japan, South Korea, China, India, the US and Europe, are also working to gain market share in Myanmar.

 

Since the automotive market in Myanmar is just started to develop, finding a reliable local partner in the country will be key for the success of foreign automakers, as local counterparts understand the uniqueness of the market and consumer behavior. In the long term, foreign automakers are also required to educate the automotive market in Myanmar regarding the importance of after-sales services through genuine channels, including the use of genuine automotive parts and/or by coming to authorized automotive service centers.

 

Conclusion

Since Myanmar opened itself up to the outside world in 2011, the automotive market has been one of the sectors that has gathered the most attention. Due to the easing of regulations and growing investments by foreign automakers, the outlook for the Myanmar automotive market seems positive. In fact, the automotive market in Myanmar is comparatively small compared to that of other Southeast Asian countries and used cars as well as entry-level vehicles are expected to continue to dominate the market. Yet, the market is expected to grow in the coming years and present opportunities for foreign automakers.

自動車メーカーにとってのアジアの
ラストフロンティア

ミャンマーは、アジアのラストフロンティアと言われており、大きな経済発展の可能性を秘めています。これは、同国の自動車市場も例外ではありません。ミャンマーが2011年に経済開放をスタートして以来、同国の自動車市場は、外国の自動車メーカーにとって、一番新しい市場となっています。ミャンマーでは現在、自動車販売の99パーセントを中古車が占めていますが、世界の自動車メーカーは、同国における将来的なマーケットシェア拡大を目指し、ミャンマーへすでに進出しているか、あるいは今後の進出を計画しています

Myanmar, Asia’s Last Frontier for Automakers 2ミャンマーの自動車市場

ミャンマー道路交通管理局(RTAD)によると、同国における自動車登録台数は、2013年7月時点で380万台となっています。そのうち、オートバイ、中でも主に日本製、及び中国製のオートバイが85パーセントを占め、4輪車のほとんどは、主に日本から輸入された中古車です。しかし専門家は、ミャンマーの自動車市場が、長期的にさらに発展する可能性があると見ています

 

フロスト&サリバンは2013年9月、市場調査報告書「ミャンマーの自動車市場: CEOの全方位的展望」を発表しました。報告書では、ミャンマーの自動車市場が、インフラ整備、経済成長やASEANへのより深い統合による人々の所得向上などにより、2012年から2019年にかけて、年平均成長率7.8パーセントを達成すると述べられています。また、実質成長は、2014年以降に見られると予測しています。フロスト&サリバンアジア・パシフィックで、自動車分野のアソシエートディレクターを務めるデュシヤント・シンハ氏は、オートバイの保有率が高い若年労働者層が、長期的な4輪車の有望な潜在購買層だと述べています。ただ、不十分な道路インフラ整備やアフターサービス市場、高い自動車価格や予想外の規制変更などは、同国の自動車市場の潜在的成長を妨げるかもしれないとも述べています。

 

シンハ氏は、ミャンマーの乗用車市場では、2019年の時点においても、日本の自動車メーカーが高いプレゼンスを誇ると見ています。特に、ホンダ、スズキや日産などは、ミャンマーの消費者を魅了する小型車を提供する事で、高い人気を誇ると見ています。また、韓国な中国の自動車メーカーも、日本車と比較しより安価で小型なエンジンを搭載した自動車を提供する事で、プレゼンスを高める事が出来ると見ています。しかし、ヨーロッパやアメリカの自動車メーカーは、販売・サービスサポート、特にスペア部品の販売・サービスサポートが限られる事で、ミャンマーにおけるプレゼンスは限定的となると見ています。

 

世界の自動車メーカー、ミャンマーの自動車市場を目指す

この背景のもと、外国の自動車メーカーは、ミャンマーの自動車市場におけるチャンス獲得を目指し、同国におけるプレゼンス強化を図っています。例えば、日産自動車は、タンチョンモーター(ミャンマー)との業務提携のもと、2011年に同国の市場が開放されて以来、世界的な自動車メーカーでは初めて、ミャンマーで自動車生産を行う予定です。タンチョンモーター(ミャンマー)は、2015年を目処に、バゴー管区の工業地帯に自動車生産工場を開設する予定です。同工場では、日産「サニー」の生産が行なわれ、本格稼動時には、年間1万台超の自動車生産能力を有する予定です。

 

中国の自動車メーカーの奇瑞汽車もまた、2013年6月に、ミャンマーで最初となる自動車の組立てを開始しており、年間3,000から5,000台の自動車生産能力を見込んでいます。さらに、三菱自動車は2013年5月、他の3企業とのコンソーシアムにより、ミャンマーに最初のショールームを開設しました。同社はまた、近い将来、ネピドー及びマンダレーにサービスセンターを開設する予定です。ドイツのフォルクスワーゲンもまた、2013年10月に、ヨマ・ストラテジック・ホールディングスとの提携により、ヤンゴンに最初のサービスセンターを開設しました。これらの自動車メーカー以外にも、他の世界の自動車メーカー、特に日本、韓国、中国、インド、アメリカやヨーロッパの自動車メーカーが、ミャンマーにおけるマーケットシェア獲得を目指しています。

 

ミャンマーの自動車市場は、今まさに動き始めた事もあり、外国の自動車メーカーにとっては、市場の特性や消費者行動を深く把握している信頼の置ける現地企業との提携が、事業成功への鍵となるでしょう。長期的には、外国の自動車メーカーは、ミャンマーの自動車市場において、純正自動車部品の使用、あるいは正規の自動車サービスセンターの利用など、正規のアフターセールスサービスを定着させる必要があります。

 

結論

ミャンマーが2011年に経済開放をスタートして以来、自動車市場は、同国で最も高い注目を集めている市場の一つです。ミャンマーの自動車市場は、規制緩和や外国の自動車メーカーによる投資増により、見通しが明るいように見受けられます。同市場は、現状では、他の東南アジア諸国と比較し規模が小さく、中古車及びローエンド車が、今後も高いシェアを占めると見られていますが、今後の発展が見込まれており、外国の自動車メーカーへチャンスをもたらしています


Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *